【s4終盤使用構築】バシャバンギランド積みサイクル 最高2028 最終1957

 

初めまして。ポリングというHNでポケモンをやっている者です。s4にして初のシングル2000を達成したので、記念とメモ用に構築記事を書いていきます。

 

<並び> 

f:id:paulingpoke:20170723182855p:plain

 

以下常体

<構築経緯>

s4で解禁されたメガバンギが使ってみたく、積みサイクルしか使えないので、竜舞バンギ入りの積みサイクルを作ることに決定。

 

メガバンギが積む際にサポートを必要としないので、構築の軸を

ステロ+メガバンギ+Z

として、Z枠にバシャと地面、ついでに水やナットを起点にできる飛行Zギャラを採用した。

 

これに前から強いのではないかと思っていたランドバシャミミッキュの並びを突っ込み、ラストで初手に呼ぶゲッコウガメタグロスに対してステロ+αの仕事を期待してナットレイを入れて完成した。

 

<個別解説>

f:id:paulingpoke:20170723181835g:plain

バンギラス@バンギラスナイト 

 

陽気  0-252-4-0-0-252

 

実数値(メガ後): 175-216-171-X-140-135

  

技構成: ストーンエッジ 噛み砕く 冷凍パンチ 龍の舞

 

技構成は環境上位のポケモン達に広く打点が取れるエッジ噛み砕くレンチの3W。岩技は雪崩も考えたがパワーが出ないのでエッジになった。1舞後の制圧力はすさまじかったが、ミミッキュやカバで容易に止まり、バシャにも不利な択を迫られるのであまり出せなかった。後エッジを打たさせれるバンギは最高に弱かった。

 

選出率は4位

 

f:id:paulingpoke:20170723181804g:plain

 バシャーモ@命の珠

 

うっかりや 0-4-0-252-0-252

 

実数値:155-141-90-178-81-132

 

技構成:とびひざげり 大文字 めざ氷 守る

 

ステロを撒いた後の抜き性能を評価して採用。基本的に後ろに引けないので炎技は文字にした。バシャをマンダで見てくる甘えた人々を咎めることができて非常に気持ちが良かった。

 

選出率は3位

 

f:id:paulingpoke:20170723182938g:plain

ランドロス@気合いのタスキ

 

陽気 4-252-0-0-0-252

 

実数値:165-197-110-X-100-157

 

技構成:地震 岩石封じ ステルスロック 大爆発

 

初手はほとんどこいつから入っていた。ステロを撒いて爆発するのが仕事だが、初手でアシレゲコマリなどの先制技を持ってて一撃で先制技圏内まで入れてくるポケモン達に対しては大爆発から入った。相手の水を無理やり削ってバシャを通せたり、あくびループから抜けることができたりしたので、大爆発は抜けない技だった。

 

襷ランドはしっくりきたが、耐久に振って襷を他に回すのもいいと思った。具体的にはガッサとか。

 

選出率は1位

 

f:id:paulingpoke:20170723183005g:plain

ギャラドス@ひこうZ

 

陽気 4-252-0-0-0-252

 

実数値:171-177-99-X-120-146

 

技構成:滝登り 飛び跳ねる 挑発 竜の舞

 

この構築の真のエース。ひこうZの通りが非常に良く、ある程度起点を作らずに舞えるので重宝した。バシャとの相性も良く、ドヒドアシレレヒレなどを飛ばしてバシャの一貫を作る動きも強かった。挑発で展開を阻止できるところも強く、技構成に関して不満はない。

 

ただ調整に関しては諸説あり、耐久が欲しい場面や意地の方が良かった場面、逆に陽気ASで良かった場面があった。

 

f:id:paulingpoke:20170723182952g:plain

ミミッキュ@ゴーストZ

 

意地っ張り 4-252-0-0-0-252

 

実数値: 131-156-100-X-125-148

 

技構成: シャドークロー じゃれつく かげうち 剣の舞

 

特に言うことはないテンプレミミッキュ。ラス1で締める形で使う予定だったが、ギャラドスと競合したためあまり出さなかった。

 

相手のミミッキュも重かったため、せめて陽気にすべきだった。Zの種類は諸説。

 

選出率は5位

 

f:id:paulingpoke:20170723182925g:plain

 ナットレイ@食べ残し

 

呑気  252-0-212-0-44-0

 

実数値:181-114-195-X-142-22

 

技構成:ジャイロボール パワーウィップ 宿り木の種 守る

 

ゲッコウガに投げるために採用したが、全てのゲッコウガがめざ炎を持っていたため信用できず、ほとんど選出しなかった。

6世代からの流用個体のため調整意図は不明。時間がなかったので適当な調整が思いつかなかったが、この技構成だとスピーディーな構築にあっていないのでこの枠は検討すべき。

 

選出率は6位

 

<選出>

基本選出 ランド+バシャorバンギ+ミミッキュorギャラ

対受けル ランドバンギギャラ

パル、グロスがいるとき 初手ナット@2

マンムーがいるとき 初手ギャラ@2

 

<きついやつ>

ゲッコウガ ランドは冷B、ナットはめざ炎でわからされる。いつも初手で出てくるのになぜかミミッキュを合わせなかった。

・雷パンバシャーモ 基本的にバシャはギャラで見てるから無理。

ミミッキュ 型がなんでもきついが皮さえ剥げばなんとかなる。

・ギャラ 先に展開されると処理が安定しない。

・ガルーラ    最速レンチ持ちは切ってたが普通にいた。

・トリルしてくるやつ 気合いで処理した。

 

<結果>

最高2028

最終1957

 

最後に少し溶かしてしまったが、終盤で2000帯を維持することができたので満足できた。この結果に満足せず、来シーズンでは2050↑を目指したい。後対面かサイクルを使えるように練習したい。

 

↓証拠画像的なもの

f:id:paulingpoke:20170724022128j:plain

 

質問やご指摘等があればコメントかTwitter@linuspokeまで